HIFUとサーマクールの違いってなんですか?

似たような施術のハイフとサーマクール。どちらも“切らないたるみ治療”で大人気。ハイフは「miteフォロワーさんに聞いた実際に体験した事のある美容施術(お顔)ランキング!」でも2位にランクインしていましたね。miteインスタライブでもご質問の多いこの違いをまとめてみました。


ハイフとサーマクールの1番の違いは…『熱が作用する深さ』!!

この照射の深さの違いで、どんなお顔(小顔、シワ、たるみetc…)にしたいのか。どうなりたいかで選び方が変わってきます。

ハイフは、サーマクールよりも深く照射できるのでお顔の「引き上げ(リフトアップ)効果」が高く、サーマクールは、口周りのもたつきや毛穴などをキュッと「引き締める効果」があります。
どちらも、ダウンタイムはほぼなく、持続期間も同じです。ダウンタイムがほぼないというのは、施術予定を立てなくてもいいので嬉しいですね!

施術内容に違いはあるのか、施術中の痛みについても体験談を交えて紹介します。

ハイフについて

  1. ハイフ専用のジェルを塗り、レーザーを当てていきます。
  2. 右側がレーザー照射後の写真です。

パッと見てわかる即効性がすごいですね!

ハイフ施術中は、鈍痛のような歯に響く痛みがあります。
SMAS層を引き締める効果があるのですが、口周りには効果を感じさせるのが弱いようです。

ハイフについての詳細記事はこちら→大人気!すぐに小顔になれる「HIFU(ハイフ)」の施術を詳しくご紹介!

サーマクールについて

  1. マーキングをします。
  2. サーマクール専用のオイルを塗布し、照射していきます。
  3. 左側のみ照射した写真です。

施術直後から少しフェイスラインがきゅっとしているのがわかりますか?こちらもハイフと同じくらい即効性があります!

痛みですが、何度か重ね打ちするので、3周目くらいになると熱が籠もってきて痛みを感じます。(特にエラ付近)太めの針でぐーっと押されている感覚。でも耐えられる痛みです。

サーマクールについての詳細記事はこちら→サーマクールってどんな施術?施術手順とお勧めのタイプを解説!

施術内容に大きな違いはなし!

ハイフもサーマクールも、施術の手順に大きな違いはありませんでした。
お顔の引き上げにはハイフ、口周りのもたつきをきゅっとするのにはサーマクールが向いているそうです!だからこそ、目的に合わせて使い分けをしたいですね!

目的に合わせて選びたい!

お顔のリフトアップが目的ならハイフ!
お顔をキュッと小さくするのが目的ならサーマクール!
どちらも効果持続期間が同じくらいなので、3ヶ月に一度のペースで施術するのが良さそうです。また、たるみやもたつきが気になってから施術するのではなく予防的に受けても効果があるみたいです!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。