必読!美白ヲタクの二人が語る紫外線対策

もうすぐ梅雨が明けて、暑い夏がやってきますね。夏といえば、怖いのが紫外線。
今回は、先日配信した藤井明子さんとmite_beauty編集長あやぷーのコラボインスタライブの内容から、紫外線対策についてご紹介します。

左:藤井明子さん(以下藤井さん)

右:あやぷー


絶対に焼けたくない!二人のこだわり

外に出かける時だけではなく、家で過ごす際も日焼け止めを塗る正真正銘の「美白ヲタク」な二人。藤井さんはまさかのこだわりアイテムを使っていました。

(藤井さん)「家にいる時でももちろん日焼け止めを塗りますが、最近『紫外線カットフィルム』というものを見つけたんです。窓に貼ることで、外から家に入る紫外線をカットしてくれるんですよ。」

藤井さんおすすめのアイテムはこちら

●紫外線カットフィルム

商品の詳しい情報はこちらから♡

元々はガラスの飛散防止のための防災フィルムとして売られているそうです。
紫外線カット率は驚異の99%!
一人で貼るのは難しいみたいなので、是非誰かの手を借りてやってみてくださいね。

紫外線が怖いのは夏だけじゃない!?

「夏だけしか日焼け止めを塗らない」そんな人が多いのではないでしょうか。

(藤井さん)「実は紫外線には2種類あって、片方は夏に強く降り注いでいて、もう一方は年中降り注いでいるんですよ。だから10代の頃から365日必ず日焼け止めを塗っています。飲む日焼け止めもマストです。」

二種類の紫外線とは?

藤井さんが仰る通り、紫外線には「UVB ※紫外線B波」と「UVA ※紫外線A波」の2種類が存在します。

「UVB ※紫外線B波」は短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、時間をかけて肌を黒くする紫外線です。日焼けやシミはこちらの紫外線が影響しています。こちらに有効な日焼け止めはSPF値が高いものになります。SPFとはUVBを防ぐ効果指標のことで、数字が大きいほど防御効果が高いとされています。

「UVA ※紫外線A波」は時間をかけて肌を黒くするUVBとは違い、一時的に肌が黒く見える現象が起きます。長時間かけて肌の弾力を失わせる紫外線で、シワやたるみに繋がると言われています。PA値が高いものがUVAを防御するため、「PA++++」と+が多い日焼け止めを選ぶことで対策が可能です。

(藤井さん)「紫外線B波が強くなる5~8月はSPF50のものを使いますが、それ以外は30程度で良いと思っています。シワになる紫外線A波を防御するPA値は常に最高値の++++(4プラス)を使っています。

日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗る際は、二人とも揃って「裸で塗る!」だそうです。

(あやぷー)「服を着てから塗ると、塗りムラができてうっかり焼けてしまったり、服が汚れるのが嫌。服を汚さないように気を付けながら塗ると、必ず塗れてない部分がでてくるんです。」

(藤井さん)「右腕の表側・裏側・右の二の腕の表側・裏側と細かく分けて丁寧に塗っていきます。」

そして二人が日焼け止めを塗る上で注意しているポイントが、【細かいパーツを塗り忘れないこと】

例えば、耳や足の指です。割と見落としがちなパーツではないでしょうか?

(藤井さん)「耳に日焼け止めを塗らない人が結構いますけど、意外と焼けるので注意が必要です。しかも他のパーツをちゃんとケアして色白な人は、細かいパーツが黒いとすごく目立つんです。特に耳とか、汚れているように見えちゃう。」

二人のおすすめ日焼け止めはこちら

●藤井さんおすすめ
XOUL 60デイズ サンクリーム

商品の詳しい情報はこちらから♡

保湿力の高い韓国製の日焼け止め。使用感はまるで乳液のよう。
酸化防止のために20日間で使い切るサイズを3本セットで販売しています。酸化を心配しないで新鮮な状態で使うことができます。

アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム

商品の詳しい情報はこちらから♡

こちらも保湿力に優れた日焼け止め。藤井さんはストックを常備するほど気に入っているそうです。
UV美容液、かつ化粧下地でもあるため、保湿効果と肌色補正が期待できます。

●あやぷーおすすめ
HACCI セラムインUVボディクリーム Arm&Back P

商品の詳しい情報はこちらから♡

身体にメインで使っているのがこちらの日焼け止め。
微量のゴールドラメが入っており、肌を綺麗に見せることができます。

白肌は日々の積み重ねが大切。日々のケアを怠らずに!

白肌は1日にしてならず。美白ヲタクな二人も長年の努力で白肌を手に入れていました。
まずは毎日、外出しない時でも日焼け止めを塗ることから始めてみましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。