「くま」のタイプ別!〜原因とお手入れ方法〜

疲れ顔や老け顔に見えてしまう原因の目の下の「くま」。自分のくまは何タイプかを知ることで、原因とお手入れ方法が分かります。早めにくまのケアをすることで、疲れ顔・老け顔と無縁のお顔になれるかも!?
今回は、くまに効果的な成分やケアの仕方などを詳しくご紹介します!


「くま」はなぜできるの?

疲れた印象や老けた印象を与えてしまう目の下のくま。
眼球の周りはやわらかい脂肪で覆われていて、それをとても薄いまぶたが支えています。皮脂腺が少ないので乾燥しやすく、まばたきなどで常に動く部分なのでお肌への負担が多い箇所です。
また、まぶたはメラノサイトの活動が盛んなため、特に色素沈着を起こしやすい箇所。くまは、お顔の構造や加齢とともに目立ちやすくなります。

くまの種類

・青くま(血行不良型)
・黒くま(たるみ型)
・茶くま(色素沈着型

の3タイプに分かれています。

くまの事前チェック方法!

設問でどのくまができやすいか事前にチェックしてみましょう。チェック数の多いものが、できやすいくまのタイプです。

「青くま」タイプ

□長時間のパソコン作業をしている
□寝不足
□疲れがなかなか取れない
□冷え性
□ほとんど運動をしていない

「黒くま」タイプ

□ほうれい線が気になる
□目元のたるみ・シワが気になる
□アイクリームを使用していない
□目元がかさつきやすい
□お肌が疲れているように感じる

「茶くま」タイプ

□アイメイクに重視してバッチリメイクをしている
□目元専用クレンジングを使用していない
□目がかゆくなることが多い
□シミ・そばかすができやすい
□アウトドアが大好き

くまのタイプ別!原因とお手入れ方法

原因ごとに対策やケアを変えることで、くまの改善につなげましょう。

青くま(血行不良型)

〈状態〉
滞った血液が目の下の薄い皮膚を通して青黒く見えます。

〈原因〉
目の周りの毛細血管の血流が滞ることで起こります。目の疲れや冷え、寝不足も原因。

〈見分け方〉
・引っぱると薄くなるが完全には消えない
・日によって違う

〈効果的な化粧品成分〉
ビタミンE、カプサイシン、ゴールデンカモミールなど

〈改善方法〉
『血行促進ケア』

目の周りだけでなく、お顔全体の血行をよくするマッサージを行いましょう。また、睡眠をしっかりとること、冷え改善や入浴も効果的です!

黒くま(たるみ型)

〈状態〉
影ができて黒く見えるもの。むくみが加わるとさらに目立ちます。

〈原因〉
年齢とともに目の下の皮膚が薄くなり、コラーゲンが減って脂肪がずり下がり、下まぶたにヘルニアを起こすことが原因です。

〈見分け方〉
・上を向くと薄くなる

〈効果的な化粧品成分〉
レチノール、FGF(繊維芽細胞成長因子)、マトリキシルなど

〈改善方法〉
『たるみケア』

コラーゲン生成を促すケアや、塩分や冷たい飲み物を控えて運動をするむくみ対策を!化粧品では限界があるので、ヒアルロン酸注射や下眼瞼手術が効果的です。

茶くま(色素沈着型)

〈状態〉
メラニン色素により茶色く見えるものなど。

〈原因〉
シミが集まって茶色く見えたり、目をこすることで起きる色素沈着、角質肥厚などが原因。

〈見分け方〉
・引っぱっても上を向いても変わらない

〈効果的な化粧品成分〉
ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノンなど

〈改善方法〉
『美白ケア』

美白ケアやピーリングが効果的!しかし、あざ(太田母斑)の場合はレーザー治療以外は無効です。

「くま」のタイプで、早い改善策を!

自分のくまのタイプがわかったら早めの改善策をすることで、くまによる老け顔や疲れ顔とは無縁のお顔を手にすることができるかもしれません。
美容皮膚科では、今では様々な「くま治療」があります。気になって悩んでいる方は、信頼できるクリニック・先生にご相談してみてくださいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。