• HOME
  • BLOG
  • その他
  • 日焼け止めの「SPF」と「PA」って何?mite編集部オススメの日焼け止めアイテムもご紹介!

日焼け止めの「SPF」と「PA」って何?mite編集部オススメの日焼け止めアイテムもご紹介!

日焼け止め商品に当たり前のように記載されている「SPF」と「PA」。意味や見分け方など、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。SPFはお肌の色で計算式も変わってきます。ご自身の肌色の計算式を知ることで、今後購入するUVケア商品のご参考にしてみてくださいね。


紫外線の種類と影響

紫外線は、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。これらのうち、地上の私たちに届いているのは主にUV-A(生活紫外線)とUV-B(レジャー紫外線)です。
UV-AとUV-Bについてご説明します。

UV-A(生活紫外線)がもたらす影響

日常生活で、知らず知らずのうちに浴びてしまう紫外線がUV-A。
雲や窓ガラスも通りぬけるので、生活紫外線と呼ばれています。サンタン(皮膚の黒化)を起こし、真皮まで届くのでお肌のしわ・たるみの原因になります。

UV-B(レジャー紫外線)がもたらす影響

急激に強い紫外線を浴びてサンバーン(皮膚を赤く)を起こすUV-B。
雲や窓ガラスはほとんど通りぬけませんが、サンバーンするほどの日焼けは遺伝子を損傷させ、繰り返すことで皮膚ガンの要因にもなります。お肌の赤みが引いたあとにメラニン色素が生成され、シミとなります。また、乾燥・しわ・肌荒れの原因にもなります。

SPFとPAの意味

UVケア化粧品には、お肌への影響がある紫外線(UV-A、UV-B)を防ぐ効果をわかりやすく示した「サンケア指数(SPF、PA)」があります。

  • UV-A(生活紫外線)を防ぐ=PA
  • UV-B(レジャー紫外線)を防ぐ=SPF

SPFの計算の仕方

日本人の場合、日焼け止めを塗らずに真夏の晴れた海浜では、
色白の人→約20分
普通肌の人→約25分
色黒の人→約30分

で、サンバーン(赤くなってヒリヒリする日焼け)を起こすと言われています。

〈例〉
25分で赤くなる普通肌の人が、SPF30の日焼け止めを使った場合、塗らなかった時の約30倍の時間(12.5時間)、お肌が赤くなることを防ぐ役割をしてくれます。

25分×SPF30=750分=12.5時間

SPF30の日焼け止めでも、約半日お肌が赤くなることを防いでくれるという計算になります。

PA(UV-A=生活紫外線)の指数

PAはUV-Aの防止効果を表したものです。

PA +効果がある
PA ++かなり効果がある
PA +++非常に効果がある
PA ++++極めて高い効果がある

UV-A照射後、2〜24時間に生じる皮膚の即時黒化を指標したものになります。

mite編集部メンバーオススメの日焼け止め商品をご紹介!

数ある日焼け止めケア商品ですが、mite編集部メンバーが実際に使用しているオススメのアイテムをご紹介します。

ALBION インテンシブ デイクリーム

日焼け止め効果が高いUVクリーム。トリートメント効果で保湿力もしっかりあり、ハリと透明感まで出ます!外出時間の長い日や、海やプールなどのレジャー時にも愛用しています。

パーフェクトプロテクション UV ホワイト

日焼け止め以外に、“美白ケア”“肌あれ防止”の効果がプラス。カラーレスでツヤだけ残してくれるので、この上からなりたい肌別に更にベースをオンしてます。日焼け止めは色々使い分けていますが、これはどんなものとでも組み合わせやすいのでお気に入りです。

&be UVミルク

SPF50++++で最高値なのに、さらっと馴染んでべたつかない日焼け止め。ノンケミカル処方でお肌に優しく、嬉しいせっけん落ちタイプ。微笑パールが配合されていて、自然なトーンアップ感とツヤ感がお気に入りです!そしてコスパが最高に良いです。

AGARISM トーンアップUVスティック

マッサージができる「かっさ型」の日焼け止めアイテムです。SPF50+/PA ++++だけれどメイクの上からも使用できるので、日中の日焼け止めの塗り直し用として持ち歩いています。かっさ型なので、仕事で疲れた首や肩にマッサージをしながら日焼け止めが塗れる優れもの!働く女性の味方だと周りで流行っています!

商品の詳しい情報はこちらから♡

紫外線の正しい知識を持って、日焼けからお肌を守りましょう

高いSPF・PAの日焼け止め商品を塗ったからといって1日中安心ではありません。
日焼けをしたくない場合は、十分な量をお肌にムラなくのばし、少なくとも2〜3時間おきを目安に1日何度か塗り直すことが大切です。
(日焼け止め商品は、汗や皮脂、洋服との摩擦で取れてしまいます)
また、飲む日焼け止めと併用したりご自身の肌色のSPF計算式をご参考に、UVケア商品を上手に取り入れて紫外線対策をしっかりおこなって美肌を手に入れましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。