美容医療後のアフターケアアイテム厳選!

美容医療施術後は、自宅でもアフターケアをしっかり行うことでお肌の赤みなどをスムーズに鎮静することができます♡
今回は、mite編集部オススメの美容治療後のケアにオススメのアイテムをご紹介します!


美容医療後のお肌は敏感で乾燥しやすい!?

クリニックでの美容医療後のお肌は敏感で、普段よりも乾燥しやすくなっています。
治療内容にもよりますが、施術後はお肌に赤みが出たり、ダウンタイムがある施術もありますよね。

そんな時は、自宅でもアフターケアをしっかり行うことが大切!少しでもお肌の赤みを減らしたり、ダウンタイム軽減に繋がるアイテムをご紹介します。
※美容医療の内容によってアフターケアは変わるので、まずは先生にご確認くださいね♡

資生堂の医療機関専売品「NAVISION DR」

資生堂が取り扱い医療機関で限定販売している、ドクターズコスメ「NAVISION DR」。
TAホワイトシリーズは、トラネキサム酸と4MSKの成分が配合されている強力ブライトニングラインです。

ナビジョンは美白効果も高いけれど、お肌に低刺激でしっかりと鎮静してお肌を守ってくれます。美容医療後の使用でも、お肌への負担なく美白&鎮静ができるので守護神的存在。
毎日使える乾燥によるシワケアとしてもおすすめです。

リジェンスキン×レカルカ コラボの「魔女の秘密マスクパック」

多くの美容医療の治療後に採用されている「魔女の秘密マスクパック」。
お肌の再生に必要な成長因子を高濃度に配合し、美容外科レベルのケアを自宅でもできるプレミアムなシートマスクです。

歳を重ねるごとに気になるお肌のエイジングケアや、お肌の再生&回復に特化されているので、美容医療後の赤みの鎮静やダウンタイムを少しでも短くさせたい方向けの美容医療アフターケア強力パック!
ネットでも購入可能です。

ピーリング施術後に適切「HAAB REPRO」

ピーリング施術後の刺激を受けたお肌の状態を整えることに特化したアフターケアアイテムの「HAAB REPRO」。

特にシリーズの化粧水と美容液は、お肌の状態を理想に近づけ、美容成分をお肌に浸透しやすくすることが大きな特徴で、その効果により栄養成分・保湿成分を浸透しやすくしてくれます。
鎮静しながら保湿することで、施術後の赤みのトラブルを回避してくれます。

他にもこんな時にオススメ!

✔︎治療後のダウンタイムを短くしたい

✔︎レーザー治療後の乾燥が気になる

✔︎自宅でダーマローラー後のケアに

✔︎うっかり日焼けしてしまった

✔︎イベントに向けてお肌の調子を整えたい

など、様々なお悩みに使用できます。

美容医療後は自宅でもしっかりアフターケアをしましょう

美容医療後のお肌はとても敏感になっています。美容治療を頑張ったお肌を休ませてあげる気持ちで、まずは鎮静をしてあげることを優先に考えてあげましょう。自宅でもしっかりアフターケアをすることで、お肌の赤みやダウンタイムの軽減に繋がるので、ぜひ自分に合ったアフターケアアイテムを見つけて取り入れてみてくださいね♡

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。