すっぴんでも目力UP!「アイラインアートメイク」

流行りのアートメイクの中でも、比較的安価でできるアイラインアートメイク。
まつ毛が濃く見えるのですっぴんでも目力がUPし、アイライン落ちがなくなるので日中のパンダ目の心配もなく、メイク時のストレスがなくなります♡

今回は、mite編集部のアイラインアートメイク経験者が、アイラインアートメイクを入れる際の気を付けるべきポイントも解説しながら詳しくご紹介します!

アイラインアートメイクのメリットとは?

アートメイクはアイラインにはじまり、眉毛、リップも人気があります。
どんな違いがあるのでしょうか?

メリット

✔︎長持ちする

✔︎痛くない

✔︎デザインの流行りがない

mite編集部員の感想

私は、1回目のアイラインアートメイクが10年以上もちました♡
点眼による麻酔をしますが、眉毛アートメイクよりも全く痛くない印象です!
(眉毛アートメイクも、慣れてきた頃には私は寝ていました笑)
眉毛やリップよりもデザインや色味に流行り等がないので、アートメイクの中でも受けやすい施術だとおもいます。

mite編集部員のアイラインアートメイク

アイラインアートメイクをする際に気をつけたいこと

長年アイラインアートメイクをしているmite編集部員が、アイラインアートメイクを入れる際の注意点や、実際に技術者さんに伺った気をつけるべきポイントをご紹介します!

アイラインは目幅までにする!

メイクの流行りでアイラインのデザインや長さは変わってくるので、目幅(目尻)までの長さで入れることをオススメします。また、加齢に伴い目尻の皮膚が下がってきてしまった場合でも、アイラインが長く入っていなければラインが垂れ下がることも防げます!目尻のアイラインはメイク時に自分で足せば(描けば)OK!

アイラインを太く入れ過ぎない!

アイラインの幅を太く入れてしまうと、返って目が小さく見えてしまうことも…。自分の目の幅や形で太さは多少変わりますが、決して太く入れ過ぎないでくださいね!

アイラインアートメイクで、すっぴん目力UPをしちゃいましょう

アートメイクは、お顔に入れるタトゥーです。
数年たてば薄くなくなってきますが、失敗は決して許されないもの!
デザイン力や痛みがない施術ができるのはアートメイク技術者さんの腕によって差があります。

ぜひ、信頼できる上手な技術者さんにアイラインアートメイクをしてもらってくださいね♡

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。